Share
facebookfacebook twittertwitter
JP

MENU

CLOSE

CLOSE

CLOSE
INFORMATION ご利用情報

FLOOR GUIDE 館内のご案内

EVENT & NEWS イベント & ニュース

MORE! NIFREL ニフレルをさらに詳しく

facebookfacebook twittertwitter instagraminstagram

進化する
展示内容

EVOLUTION

進化しつづけるミュージアム
「NIFREL」

ニフレルは、名称の由来ともなった
「感性にふれる」をコンセプトに、
水生生物や陸上動物など、地球が育む多様ないのちと
個性のつながりを自由な発想で表現し、
また生きものたちと同じように
ニフレルも進化し続けます。
2019年3月に誕生した「かくれるにふれる」を
皮切りに、2020年、2021年にも
新たなテーマを持ったゾーンが誕生する予定です。

2019/3/1/
NEW EXHIBITION

“新ゾーン
「かくれるにふれる」誕生”

人を含む全ての生きものは多様で個性的だからこそ魅力的です。
そんな思いから、ニフレルでは、多様性をテーマに各展示ゾーンを構成しています。
例えば、「いろにふれる」では色彩、「すがたにふれる」では形態がテーマです。
今回は、多様な“隠れる術”に注目し、人の想像を超える独特な方法で周囲の環境に身を隠し、厳しい自然を生き抜こうとする小さな生きものたちの多様な個性に焦点を当てました。
ニフレルで暮らす生きものたちの魅力に気付く事が、
人を含む全ての生きものの個性を認め合う気持ちに繋がることを願っています。

生きているミュージアム・ニフレル
館長
小畑洋(おばたひろし)

~2019 / みずべにふれる
光が差し込む水辺の木立を
イメージしたデザイン
2019/3/1~ / かくれるにふれる
タテジマキンチャクダイの模様をモチーフに、壁面だけでなく、天井と床面にもデザインを施し、空間全体を演出しています。
THEME
生きものたちの多様な“隠れる術”

姿かたちが木の枝や葉にそっくりになることで、周囲の環境に溶け込み隠れるものや、毒を持つ生きものに見た目も行動も似せることで捕食者から隠れるもの、子どもの頃は大人と全く違う姿をして隠れ、大人同士の闘争に巻き込まれないようにするものなど、「かくれる」を極めた個性的な生きものたちを展示します。

[代表的な展示生物]
  • ウケグチノホソミオナガノ
    オキナハギ
  • エダハヘラオヤモリ
  • エボシカメレオン
  • シモフリタナバタウオ
  • タテジマキンチャクダイ
  • トゲヨウジ
  • ハナカマキリ
  • フトアゴヒゲトカゲ

2015/11/19/ OPEN

2015年11月19日グランドオープン。生きものと照明・音楽・映像が融合する体感型のインスタレーション(空間展示)を採用。
生きものや自然の魅力を、まるでアートを楽しむように直感的に楽しめる7つのゾーン。

  • いろにふれる
  • わざにふれる
  • すがたにふれる
  • WONDER MOMENTS
  • みずべにふれる
  • うごきにふれる
  • つながりにふれる

その他のコンテンツ

OTHER CONTENTS

Back to index
ページトップへ