Share
facebookfacebook twittertwitter
JP

MENU

CLOSE

CLOSE

CLOSE
HOME ホーム
INFORMATION ご利用情報

FLOOR GUIDE 館内のご案内

EVENT & NEWS イベント & ニュース

MORE! NIFREL ニフレルをさらに詳しく

facebookfacebook twittertwitter instagraminstagram

What's CURATOR キュレーター紹介What's CURATOR キュレーター紹介

飽きずに、
ひたすらをガラス拭いてます。
KAZU

担当のゾーンは?

魚類担当で、主にニフレルに入って初めのゾーン「いろにふれる」を担当しています。

ゾーン詳細

担当の生きものは?

「いろにふれる」ゾーンでは、名前のとおり、色の綺麗な生物を展示しています。少ない色で水槽を作り上げることで、沢山の色が集まるからキレイではなくその色が持っている美しさに触れてもらえるはずです。このゾーンで、それぞれの色が持つ美しさ、そして生きものにとっての色の意味について感じていただければと思います。

ニフレルのどこが好き?

1種類の生き物に焦点を当てて、色々な側面を見られるところ。生きものだけでなく、キュレーターとお客様、人同士でのコミュニケーションが取りやすい環境です。私たちからはお客様を身近に感じ、お客様からはキュレーターを身近に感じてもらえると思います。

私のおススメ生きもの BEST3

テッポウウオ
名前にもなった水鉄砲は、見ててきっと楽しめるはず。エサがついていれば(いなくても?)風鈴を鳴らして涼しさを届けてくれます。もし、水鉄砲を見たかったらキュレーターにお声掛けください!
オニオオハシ
エリアにときどき響き渡るとてもキレイな鳴き声。探してみると首を振りながら鳴くオニオオハシが見つかります。高い声はバックヤードまで聞こえることも。
アデヤカキンコ
皆さん、ナマコの食事シーンってご覧になったことありますか?ゆっくりと触手を口に運ぶその様はきっと時間を忘れさせてくれます。御時間があるときは是非、アデヤカキンコをじっと見てみてください。

その他のコンテンツ

OTHER CONTENTS

Back to index
ページトップへ